06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

最高の時間をすごせた、今は無きUO

ウルティマオンラインの昔話。私の記憶を語って行こうと思う。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

2. 1997年 12月  SONOMA 

正直、この頃の内容は、かなりうろ覚えなのだが・・・

初期キャラクターでは、SONOMA鯖のVESPERから始めた事は覚えている。

ADSLすら無い時代(ISDN全盛期)で64kでの海外接続となると、
Pingは余裕で300を越えていた(汗)

LAGが凄まじくまともにPlay出来ないのに加え、
自由度が高すぎて初期の頃は何をしていいのか分からないという事もあり、
UOの第一印象は最悪だった。

それでも懲りずにPlayし続ける内に徐々にハマって行く事になるのだが・・・。


当時は、フィールドに出てもモンスターや動物がまったくいない状態で、
狩りをするならコブトスダンジョンへ行くしかなかったが、
入り口付近でPK(※Player Killerの略)がたむろっているので、
ダンジョンへ入る前に殺されるか、入れても帰り際に殺されるかで、
生存して町に戻れたのは数える程度だった。(苦笑)


当時のシステムではPKしてもLoss等のペナルティは無く、
多くのPKが町付近やダンジョンを巡回。

このシステムのおかげで殺伐とした雰囲気を生み出し、
MMOでしか表現することの出来ない緊張と、
興奮をもたらしてくれるシビアな世界観が演出出来たのだろう。


UO初期で問題となっていたのはチートツールの流出。
有名なチートツールといえばUoE、UoP辺なんだけど、
一番厄介なのは表に出てこない凶悪なツール使い。


EBが5、6個列になって飛んできたり、
弓1発で殺されたり、HALがKatana並みの速度で振ってきたり・・・。
台湾系のPUPUやPK GuildのSAS、FoH辺りは絶対チートツール使ってた。


UOを初めてすぐにPvPに目覚めるという人は、少ないと思う。
私も初期の頃は、狩り・生産活動で楽しんでいた。
BANK前で出会った外人と一緒にパーティ組んで狩りに行ったり、
お喋りしながらSkill上げしたり、コミニケーションを楽しむのもUOの魅力の一つ。
戦闘だけが全てでは無いってこと。

Diablo等に代表される戦闘主体のMOは、熱くなれる反面、飽きが来るのが早い。
対人・生産・ITEM収集・狩り・悪事等幅広い活動が可能で、
且つ私物欲が満たされるGameは現時点でもUO以外には無いんじゃないかな。
UOは私の期待した条件全てを満たしていたからこそ、5年間も続けることが出来たんだと思う。


UO初めて2ヶ月ぐらい経った頃、狩り仲間だったkazu-sa氏の進めで、
Britania Japan(略称BJ)というGuildに加入した。
比較的規模のデカイ日本人GuildでMember50人ぐらいおり、
SONOMAサーバーの日本人Guildでは2番目の規模だ。
私の記憶に残ってる当時のSONOMA日本人Guildは以下の通り


S.C:Ryoko氏率いるMember100人を超える日本人最大規模Guild。
PH:Onaka氏が率いるPvP Guild。O/C戦(Order vs Chaos)で台湾軍PuPu系と交戦。
AKD:Kaede氏率いるGuild。BJ Memberと仲良かった。
PKK:Aimi氏率いるPKK? Guild。知名度が上がったのはASUKAからかな・・・。
ZP:Aoyama氏率いるPK集団。ASUKA初期にPlayしてた人ならピンと来るGuild名でしょうね。
SSB:TOMCAT氏率いるPK集団。知り合いのWozniac氏(Amiba@AoT-ASK)が所属。
RBG:Ura Mondo氏率いるPK集団。SONOMA日本人PKで最も知名度があった人物がUraMondo氏ですね。
Ero:GM誰だか忘れた・・・Pit氏だっけかな?上記3Guildと合わせてMafia in SONOMAというPK連合を形成。
SAS:SONOMA最大PK Guild。というかUOEチート集団?(苦笑)
FoH:こちらも大手PK Guild。Mario氏とは結構交戦したなぁ、、、
CW:Moonglowで盛んに活動していたシーフGuild。Amber氏が一際目立ってたね。


正直な話SONOMA時代の活動は生産・狩り活動中心で、
狩る立場というよりむしろ狩られる立場だった。

回線速度・PvP技術・キャラスペック等全てにおいて低かったので、とにかくよく死んでたなぁ。
ダンジョンに1時間滞在すれば必ず1度はPKと遭遇してたんだけど、ALL即逃げモード。
戦って勝てるとは思わなかったんだよね。

でもある日たまたまPKを返り討ちにした事がキッカケとなり、
PKK(※Player Killer Killerの略)活動を始めるようになった。

PKした事ある人なら分かると思うけど、
下手に反撃されるより逃げモードの相手の方が殺しやすいのだ。

SONOMA活動後半はGuild BJのMemberとして、
現在のTで活動している人達のようなほのぼの?としたUOライフを満喫した。


そしてASUKA・YAMATOという日本シャード誕生によりSONOMA完全撤退へ。
Guild BJを離れる事になる。



[補足]
※PK=Player Killerの略。プレイヤー殺害を目的としたプレイスタイル。
Game内で人殺しを繰り返すと犯罪者扱いとなりキャラネームが赤色で表示される。

※PKK=Player Killer Killerの略。PK狩りを目的としたプレイスタイル。
Game内の警察みたいなものだが、結局はPlayer Killを楽しんでいるので偽善者扱いされる事も多い。

Posted on 2010/07/04 Sun. 00:15 [edit]

未分類  /  TB: 0  /  CM: 1

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。